美容室にいく暇がない時は自分で泡カラーを使って染めます。

30代後半になってからめっきり白髪が増えてきました。今までは美容室でカラーリングをしてもらっていたのですが、白髪が増え頻繁に染めなければいけなく なってきたので、毎回毎回美容室にいくお金が勿体ないと思い、セルフカラーをしてみることにしました。

以前クリームタイプの白髪染めに挑戦したときは後ろ の方がうまく塗れず、結局夫に手伝ってもらわないと出来なかったので、今回は自分一人でもうまくできそうな泡タイプの白髪染めを選ぶことにしました。ド ラッグストアでいろいろ見ていたところ、色の種類が多く価格も手頃だった「ブローネ泡カラー」が目に止まり、購入してみました。

使用方法は1液と2液を混 ぜてポンプに入れるだけで簡単です。ノズルから泡が出てくるのでそれを手に取って髪に乗せていきます。最初は泡がすぐ消えてしまうのですが、どんどん乗せ ていきくしゅくしゅと揉みこむと、泡がもったりとしてしてきます。全体に泡が馴染んだところで20分ほど置くのですが、私は髪の毛が固く太いのでしっかり 色を入るように5分ほど延長しました。放置時間を過ぎたらシャンプーをして洗い流します。

シャンプーは2回して、必ずトリートメントを使った方がいいで す。どうしても白髪染めをした後は髪がパサついてしまうからです。

白髪染めのランキング

染め上がりは全体に綺麗に染まっていて、満足でした。ただ3週間ほどでまた白髪が目立っ てしまいます。やはり美容室で白髪染めをしたもらった方が色持ちはよさそうです。でも美容室へ行くまでの応急処置としては安く簡単に出来ますし、泡カラー はオススメです。

自分で白髪染め 不器用なら泡タイプがGOOD

まだ白髪が多くない時までは、自宅で市販の白髪染めを購入し使用していました。髪の長さはセミロングで、使用していたのはクリームタイプの白髪染めです。
1剤と2剤を混ぜてハケを利用して、髪の分け目を変えながら塗っていくようにしていたのですが、どうしても染め残しが毎回ありました。
生え際など白髪が目立つところは目視できるので慎重に塗りますから染め残しがないのですが、やはり見えにくい場所、後頭部やうなじのあたりの生え際、髪の 頭頂部などが染め残しが出やすい場所です。自宅で染めるとしても、誰か家族がいればやってもらえるのですが、一人暮らしだとそうもいきません。
そこで、友人に話をしたところ、友人は泡で出てくるタイプの白髪染めを使用しているらしく、私よりも髪の毛が長く量も多いのですが染め残しがありません。
しかも、泡タイプのものは手袋をつけて直接泡をもみ込むだけなので簡単で楽ちんだと言われました。
私も、同じように泡で出てくるタイプを使ってみると確かに簡単です。クリームのように塗り残し部位が出にくく、頭皮の間隔で泡が頭皮部分まで到達している かな?と考えながらもみ込むだけでOKです。私の場合は、肩までの長さなので1回の白髪染めで1個を使用でしたが、友人はロングヘアなので1回で2個使う ようにしているそうです。
それでも安い時に買うと1回2個でも1000円少し、サロンで染めるよりもずいぶん安く仕上がります。

硬めのテクスチャーが、好きです。

20代の頃は数本生えてきた白髪に感動をしていましたが、40代となった今では増え続ける白髪に溜息がでるばかりです。
今迄使用していた白髪染めはツンとした臭いや、髪と頭皮へのダメージが気になりました。
今流行のヘアカラートリートメントは本当に綺麗に染まるのか半信半疑でしたが、試しに1本購入して使用をしてみる事にしました。

選んだのは「玉髪」で、色はダークブラウンにしました。
天然のガゴメ昆布、アロエベラ、ツバキと言った日本人に馴染みが深い配合成分に魅力を感じました。
乾いた髪に玉髪をたっぷりと馴染ませ、染まりにくい生え際には重ね付けしました。
硬めのクリームテクスチャーなので、髪にピタッと密着してくれるのが良いですね。
最後に目の粗いブラシで軽くコーミングして、髪1本1本に玉髪が行き渡るようにしました。

ラップを巻きシャワーキャップを被り、30~40分程放置したらぬるま湯で充分洗い流しました。
一度目は完全に染まりきれていませんでしたが、三度目で綺麗に染め上がりました。
白髪は小麦色になり、黒髪と綺麗に馴染み中々お洒落な染め上がりです。
繰り返し使用しても髪が傷みませんし、頭皮への刺激も気になりません。
玉髪に決めて、良かったです。

面倒なことが苦手な私も続いています

20代の頃から白髪はありましたが、染めるなど特別なケアを必要とするほどでははく、とくに気にするほどではありませんでした。
それが、30代の頃から髪の内側などを中心に少しずつ増え始め、
40代に入ると全体的に白髪が増え、とくに生え際、分け目やつむじのあたりが気になるようになり、
さすがに何もしないわけにはいかないようになりました。

長い間白髪の存在は知っていてもお手入れについてはまったくの初心者で、情報が溢れる中かなり戸惑いました。
美容院でプロにおまかせするか、家で自分でケアするか迷いましたが、まずはホームケアを試すことになりました。

面倒なことが好きではなく、不器用なので、簡単に染められる方法として「テンスター ヘナ カラートリートメント」という商品を利用しています。
この商品は日頃使っているシャンプーと併用でき、シャンプーのあと水気を切ってからつけるだけというお手軽な白髪染めです。
置く時間も他の同じような商品に比べて短いので、その間体を洗うなどすればその後簡単にお湯で洗い流すことができます。
うれしいトリートメント効果もあるので、髪の毛もさらさらになります。

少しずつしか染まらず、よくすすがなければタオル、まくらや衣服などにつくこともあるので
注意が必要な点もありますが、簡単なので毎日続いています。
良いことずくしの白髪染めはなかなかありませんが、面倒なことが苦手で簡単に手軽に白髪を染めたいという方にはオススメの一品です。